image何事も準備が大切と、まずはシューズを買いました。シューズをたくさん扱っているショップに行くと、マラソン3時間を目指す人向けシューズ、マラソン4時間を目指す人向けシューズ、マラソン5時間を目指す人向けシューズと目標によってシューズの選び方も違うそうです。そんなことも知らずにレースに出ようとする無謀さを痛感。

仕事上の伝手で専門家と繋いでもらい、どんなシューズが良いのか、どんなトレーニングをすればよいのか話を聞く機会を持つことができました。
それによると、とにかく完走を目指すならシューズはクッションの柔らかいどちらかというと重いと言われるシューズを選んでくださいとのこと。

このプーマ イグナイトはまさにぴったりということで、プーマのランニングステーションで購入。
試履きをした感触では今まで履いていたシューズとはかなり違いがあります。
かかとのホールドというか柔らかさというか、これは良いと感じました。

今までランニングをしても、2~3キロしか走ってないのに次の日、ひどい時は走っている最中にひざが痛くなることもありました。
ランニングステーションで話を聞いたところ、走り方を見てないので断言はできないけど、膝が痛くなる人の大半は太ももの筋肉が弱いというのが原因だそうで、スクワットでまずは太ももを鍛えるというのが膝痛を抑える効果的な練習法だそうです。



imageそんなこんなでシューズは揃った。さぁ次はということで、iPhoneのGPS機能を使って走った距離、ペースなどを計測してもらうアプリをインストールしました。
この手のアプリはいろいろ出ていますが、なぜこれにしたかというとこの手のアプリはGPSの機能を使うので起動中以外でもバックグラウンドで動かれてしまうとバッテリーの消費が異常に悪くなります。
他にこれ良いなと思えたアプリもあったのですが、そのアプリは位置情報サービスを常にオンか常にオフかの選択しかありませんでした。
このRunmeterはアプリ起動中のみ位置情報を使う設定ができるので、走るとき以外はアプリを落としておけばよいとのことでこれを選択。

さぁこれで最初の準備は整いました。